オレ様ロマンス

c0357299_11111287.jpg
+++2016-2017年 台湾 全27話+++
2018年に視聴

随分前に観終わってたんですが、ようやく記事に(汗)

本当に久しぶりに嵌った台湾ドラマでした。
毎週の放送が楽しみで、途中で何回も記事を書いてしまったくらい。



ここ数年、日本にやってくる台湾ドラマを観てもどれもイマイチで途中で挫折してしまうことが多くて残念だったんですが、この「オレ様ロマンス」は本当に全27話ずっと楽しめました。

オンラインゲームではベストパートナーである朕(ロミオ)と丙丙(ジュリエット)が、現実の世界でもふとした事で知り合い・・・。
c0357299_11111108.jpg
お互いに誤解もあり反発し合いながらも、なぜか縁があってどんどん距離が近くなっていき・・・。
c0357299_11111117.jpg
実は二人にはオンラインゲーム以前からの繫がりもあり、それぞれの色んな事情や側面をお互いが知り合いながら惹かれあい
c0357299_11111152.jpg
でも簡単にハッピーエンドになる訳ではなく、ヒロイン丙丙の葛藤を乗り越えて・・・

c0357299_11111109.jpg
最後は激アマなハッピーエンドになるというストーリーなんだけど、本当に良かった!!!

c0357299_11111216.jpg
私はこの丙丙というキャラも結構好きで、この手のラブコメではヒロインのキャラが苦手だと本当に無理なんですが、ずっと微笑ましくて応援したくなるような共感も出来るようなキャラで好きでした。
最後の結婚写真撮影の時とか、とっても綺麗だしね。
c0357299_11111205.jpg

でも、このドラマが私の中で久しぶりの台湾ドラマ大ヒットになった最大な要因は、朕を演じてた李國穀の魅力だと思います。
途中の記事でも書いたと思うんですが、かつてドハマりした韓国ドラマ「美男ですね」のグンソク君を彷彿とさせるようなキレのいいコメディっぷりがとても魅力的で、彼が演じる朕がとても愛おしくてたまらないようなドラマでした。
好きな子に好きと伝えられず、ついつい悪態をついてしまうけど心配でハラハラしてでも肝心の彼女には全然わかってもらえず、ぬいぐるみに八つ当たりするキュートなキャラ、本当に大好物です。
c0357299_11113226.jpg
そして、このドラマで忘れてはいけないのがブルースという最高の脇役(笑)
彼のおかげで、このドラマがどれだけ楽しくなったことか。
むしろブルースがいなかったらドラマは成立しなかったのではないくらいかと思うくらいのキャラを飄々と演じてて、これからこの俳優さんを他のドラマで観てもずっとブルースと呼びたくなるはず(笑)

明るく楽しい気分で観れて、主役カップルがとても愛おしくなるようなこのドラマ。
台湾ドラマの面白さを存分に感じられて本当に良かったです。
またこんな面白い台湾ドラマに出会えたらいいなぁ。


個人的評価(★5が満点) ★★★★★

by spring-mei | 2018-12-12 12:48 | 華流ドラマ あ行 | Comments(0)

台湾・中国・韓国そして日本ドラマの気ままな感想綴り


by spring-mei
プロフィールを見る
更新通知を受け取る