愛の温度

c0357299_09474279.png
+++2017年 韓国 全20話+++
2018年に視聴

LaLaTVでの週3の放送が本当に待ち遠しくて夢中で観ました。
かなり好みのタイプドラマでした。

主演は、ソ・ヒョンジンとヤン・セジョン。
「浪漫ドクターキム・サブ」ではヤン・セジョンがヒロインであるソ・ヒョンジンに片想いをするだけだったのでこの二人が主役だと観る前は違和感があったものの、序盤の二人の出会いから一気に嵌りました。

このドラマってあらすじを簡単に説明すると、ある男女(女性の方が6歳年上)が出会いお互いに好意を持つものの離れ離れになり5年後再会して結ばれるだけなんですよね(笑)
最初から最後まで二人の気持ちはほとんど揺れ動かないし、韓ドラ特有のすごい大事件が起きるわけでも障害が現れるわけでもない。ただただ、愛し合う二人の距離感を描いただけなのにそれがとても面白かったです。

c0357299_10384036.jpg
このドラマがすごく好きだった理由の最大の理由は、キム・ジェウク演じる2番手男パク・ジョンウの存在。
ヒロインであるイ・ヒョンスの事を最初から気に入っていて、彼女が別の人を想っていると知りつつもずっと公私ともに彼女を支え続ける究極の2番手。
c0357299_10431291.jpg
そのジョンウはヒョンスの想うオン・ジョンソンの事も年の離れた友達として公私ともに仲良くしているわけで。
この男たち二人のやり取りがちょっと可愛くてイイ。
ジョンソンの作る料理が気に入って出資したいと申し出る時に、気障なセリフを連発してまるで口説くようにラブコールを送るジョンウ。それに笑いながらツッコミつつ、二人の間ではこの気障なセリフの真似が繰り返しされていて、この二人がお互い知らずに同じ女性を想っているのがまさにドラマ(笑)

c0357299_09474356.jpg
キム・ジェウク演じるジョンウのキャラが本当に軽やかでツボ!
強引にプロポーズしたのに、他の人への忘れられない想いを泣きながら語るヒョンス(そもそもヒョンスもかなり独特なキャラなので)に、軽くツッコミつつもそんな彼女を丸ごと愛してしまう不憫さ。
この時点でジョンウの片想いは決定なわけで(笑)
c0357299_10383979.jpg
あの「ボイス」での最高にイカれたキャラを観た後にこの「愛の温度」を観たので(出演順的にもこの順番なはず)、いつ主役二人への怒りで暴走するのかとちょっとワクワク妄想したり、彼の別荘と聞くだけで「ボイス」を思い出してはゾクゾクしたりと色んな楽しみ方をしましたが、本当に私は彼ゆえにこのドラマが楽しかったです。
c0357299_09474339.png
仕事を愛するようにヒョンスの事も大切に愛してしまったジョンウ(汗)
そんな二人がこれからもずっとよき仕事上のパートナーとしてやっていくラストはとても好きでした。

あ、そうそう「この恋は初めてだから」もそうだけど、ヒロインがドラマの脚本家という設定を立て続けに観たんですが、何となく韓国ドラマにおける脚本家と監督とテレビ局や制作会社の裏側が分かってきてそれも面白かったです。
そういえば、往年の2番手男リュ・ジンがサラリとプロデューサー役で出てたのも美味しかった。
c0357299_10384007.jpg
ヒロインの年下の友達であるホンア。
描き方によってはウザいキャラなんだけど、私は途中からこのキャラが妙に楽しくて嫌いになれませんでした。
素直になれないお嬢様キャラなんだけど、クセモノである横暴な監督ですら圧倒してしまう個性にはむしろホレボレ。
そんな彼女が自業自得とはいえ恋にジタバタする終盤もなかなか楽しかったです。
c0357299_10384040.jpg
そして、お気に入りがこのキャラ。
ヒョンスの先輩で、ジョンウの後輩にあたるジュナ。
彼が出てくると場面の空気が一気に柔らかくなり、ジョンウが彼を評して言った「お前は口数が多いわりに実のある発言が少ない」があまりに的確で(笑)、恋に破れて落ち込んでいるジョンウにもズケズケとデリカシーのない発言をしてみたりするのが逆に心地よかったり、最初から最後までジュナとヒョンスが軽口を叩き合う時にはその場にいるジョンウのことを完全に無視してしまう描写とか本当に観ていて楽しいドラマでした。

多分このドラマは好きな人にはたまらない、面白さがさっぱり分からない人には全然な感じのドラマなんだと思うんですが、韓国ドラマにしては珍しく真っ直ぐに愛について描いているドラマなので私は超おススメです。




個人的評価(★5が満点) ★★★★

by spring-mei | 2018-10-10 13:31 | 韓国ドラマ あ行 | Comments(0)

台湾・中国・韓国そして日本ドラマの気ままな感想綴り


by spring-mei
プロフィールを見る
更新通知を受け取る