NEW POST

ハンシュク~皇帝の女傅

c0357299_01333190.jpg
+++2014年 中国 全42話+++
2017年に視聴


原題は「班淑伝奇」
このドラマ、私はすごく面白かったです。
あの「後宮の涙」の姉妹作なので、「後宮の涙」が好きだった人なら楽しめると思います。
逆に「後宮の涙」がダメだった人にはオススメ出来ないかも。
私はとっても楽しく最初から最後まで観ました。


c0357299_01333179.jpg
于正作品はいくつか観ましたが、私は「後宮の涙」「ハンシュク」が一番好きなテイストです。
華やかで明るくサクサクと進み、ヒロインをはじめとする女性キャラはみんな凛々しくて、男性キャラは総じて女々しい(笑)というのが共通する感じですが(汗)、個人的には「後宮の涙」よりこの「ハンシュク」の方がより気軽に観れる気はします。
時代も後漢なので自由なんですよね、何となく。

c0357299_01333093.jpg
そして、とにかくヒロインが綺麗。
かつ設定も無双です(笑)
歴史上実在の英雄・班超の娘という設定で、母は異民族の公主で、家柄も良く腕も立つ。
愛する人を助けに行き、どんな怪我を負ってもあっという間に回復するし(笑)。
どんな窮地に追いやられても、大体1~2話で解決するというストレスの無さ。
こんなに頻繁に投獄されて、簡単に復活出来るヒロインもなかなかいないかも。
そんなヒロイン班淑が一族に自分の事を認めてもらうために、王族や重臣の子供たちを教える内学堂や官学の師を目指すというちょっと学園ものでもあるんですよね。
で、生意気で反抗的な生徒達を少しずつ改心させて、どんどん味方が増えていくという(笑)

c0357299_01333041.jpg
そんなヒロインの想う人・衛英を演じているのが張哲瀚。
「瑯琊榜」で若い頃の林殊を演じてた彼なんですが、ちょっと細かくて女々しいんですよね~。
3年前に亡くなった恋人をずっと忘れられなかったのが、破天荒なヒロインに出逢って少しずつ変わっていく過程が丁寧に描かれていました(まぁ多少焦れったいけど)
ネタバレですが、ドラマ終盤に彼が苦悩するシーンでは不謹慎だけど笑ってしまいました。
元々武将で、大怪我が元で今は文官として官学で教えるという設定で、ヒロインの窮地には戦って助けるんだけど何だかいつも怪我ばかりしているという(笑)
c0357299_01333024.jpg
そして、ヒロインを好きな2番手キャラ。
政治の実権を握る皇太后(まだ20代)の実兄で大将軍という権力者なんだけど、とにかくヒロインにメロメロ(笑)
演じている人のせいなのか、もしくはアフレコの声優の問題なのか分からないんですが、何となく酒の席で下ネタばかり言う上司みたいなノリでガンガン攻めてくるんですが、バカっぽくて楽しかったです。
ヒロインも元々異民族育ちでハッキリとして性格なので、いつもキッパリと拒絶しているんだけど全く怯まないし。
豪快で少しバカで、でも一途で楽しい2番手でした。
c0357299_01333067.jpg
ヒロインの姉弟子を演じている邓莎。
「美人心計」や「宮廷の泪・山河の恋」とかでお馴染みの女優さんなんだけど、今回はほぼ全編でヒロインの良き友人的立場で出ていてすごく可愛いキャラでした。
コミカルで楽しいキャラだったし、彼女の恋愛ストーリーもすごく楽しかったです。
c0357299_01333094.jpg
そして、ゲスト的な感じの張檬なんですが、「宮廷の泪・山河の恋」のウジウジしたキャラや「シンデレラの法則」での嫌なキャラといつも綺麗だけどいい印象のない女優さんだったんですが、今回はすごく素敵なキャラでした~。
なにげにすごく大事な所で絡んで来たしね。

c0357299_01333110.jpg

振り返ってみると、やたらと死者が出た「後宮の涙」に比べると、この「ハンシュク」は死んだキャラも少なく、見事なハッピーエンドでした。
そのあたりが観終わった後の余韻が薄くなってしまった理由なのかもしれませんが、このドラマにはピッタリなラストでした。
ネタバレですが、個人的には37話の皇帝の車に乗り帰宅するシーンがすごく好きなんですよね~。
衛英とのアレコレなシーンより、この行列のシーンで先導するのが邓骘と霍桓で、車の後ろに北郷公主たちが整然と付いていく様がすごく愛おしく・・・。(←これは観た人にしか分からない感じですね)
ということで、恋愛も切なく程よく織り交ぜつつの楽しい学園ドラマだったと思います。

あ、でもあの謎の双子設定キャラだけは余計だと思いました。彼の存在がなければ全35話くらいでもっとスッキリ終わったのかも。


やはり中国ドラマは、美男美女が一杯出てくるドラマが観ていて楽しいです。
あとやはり架空の王朝設定ではなく、少しだけでも歴史上の人物が絡んでくると嬉しいです。
今回だとヒロインの父と兄、皇太后とその兄や皇帝あたりはおそらく実在の人物ですよね。
衛英が衛青の子孫という設定には笑いましたが(これ、フィクションですよね)


個人的評価(★5が満点) ★★★★

[PR]
by spring-mei | 2017-02-01 02:26 | 台湾・中国ドラマ | Comments(0)

台湾・中国・韓国そして日本ドラマの気ままな感想綴り


by spring-mei
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30