NEW POST

久しぶりの雑談


c0357299_12015228.jpg

年末年始はビックリするくらい暖かかったのに、最近はとっても冬らしい天候ですよね。
私が住んでいる地域は滅多に降雪がないんですが、本当に久しぶりに雪らしい雪が降りました。(といっても10センチ積もった程度/笑)
3歳の息子は初めて雪遊びらしい事を庭で楽しそうにしてました♪

4月からは息子が幼稚園に通うので、少し生活も変わる気がします。
通園バスに間に合うように早起きしないといけないので(平日5日とも給食有りなので助かるけど)、早起きしないといけないな~。ということは今までのような夜更かしは出来ないな~と。
ま、本当は早寝早起きが健康には一番だと分かってはいるものの、どうしても夜型なのでダラダラと過ごしてしまっていたのが改善されるのもいいのかもしれませんね。


現在のドラマ視聴は、録画していた「ハンシュク」を意外と楽しく観ています。
決してドハマリとは言えないけど、観るとそれなりに楽しくて全42話の半分くらい観ました。
明日23日からはチャンネル銀河で「秀麗伝」が始まるんですが、面白かったらいいんだけどなあ。時代的には今観ている「ハンシュク」と同じ後漢なので少し興味はあります。前漢を舞台にしたドラマはいくつか観た事があるんですが、「秀麗伝」は後漢創始時代の話なので面白かったらいいんだけど・・・。
何度も何度も"面白かったらいいんだけど"と連呼していますが、やはり心配なのはヒロインが林心如だということ。
彼女がヒロインのドラマで完走したのは「美人心計」だけなんですが、実は「傾城皇妃」はリタイアしてます。
とっても評判がいいドラマなんですが、何だかヒロインのキャラが面白くなくて・・・。
林心如ってプロデュースも手掛けたりしますが、毎回自分を絶世のパーフェクトな美女設定にするのってスゴイですよね(汗)
もちろん女優さんなので綺麗なんですが、個人的に彼女は少しタヌキ顔系なのでそんなキャラ設定にされると何だかモヤります。
で、何だか今回の「秀麗伝」も似たヒロインの匂いがして少し心配。
相手役は袁弘ですが、私は十三爺以外の袁弘にはさほど興味がないんですよね~。
ま、とりあえず明日観てから決めようかな。

そして2/1からはLaLaTVで「六龍が飛ぶ」が始まります。
これは韓ドラ好きブロガーさんたちの間でかなり評判なのでとりあえず観る予定。
日本初放送のKNTV?ではオリジナルと同じバージョンで放送だったらしいですが(本来お高いKNTVさんはそういう売りの局ですもんね)、LaLaやBSや日本版レンタルは1話45分くらいの話数多めバージョンみたいです。まぁ個人的には日本ドラマや華ドラと同じ1話45分は観やすいのでいいのかも。

そして2/20からかな、チャンネル銀河で大河ドラマ「平清盛」が始まるはず。
サクッと今年の大河ドラマは挫折したので(←早っ)、今年は「平清盛」を楽しみます。といってもおそらく週5話放送なので3か月弱で終わってしまいますが(笑)


さて、そんなドラマ視聴状況なのでそんなに記事を書くこともないんですが、久しぶりにどうでもいいようなドラマについての雑談を・・・。
c0357299_11391752.jpg
何となくここ最近の自分のドラマ視聴を観ていると、以前よりラブコメ率が減ってきた気がします。
これはやはり私自身の年齢が上がってきた(!)こともあるのかもしれませんが、自分の気持ちにピッタリくるラブコメが見つからなくなった気がするんです。
そもそも、ラブコメってどんな定義なんだっけ・・・(←そこから/笑)
韓ドラでそういう楽しいドラマをサクッと観ることもあるんですが、楽しく観てもそこまで深く心に残らない事が多いです。
あ~このヒロインは可愛いなぁくらいで毎回終わってしまうという。
まぁだから寂しいとかそういう訳ではないんですが、不思議な感じです。
どこの国のドラマも時代と共にどんどん変わっていくし、自分自身も変わっていくので当たり前の事なんでしょうけどね。


雑談なので、どうでもいい話なんですが・・・
私はリメイクというのが本当に嫌いです。
何なんでしょうかねぇ、あれは。
何十年も前の名作を再びリメイクというのなら別にいいんですが、ある国でヒットしたドラマを数年後に違う国でリメイクするのが苦手。
だからほとんどまともに観ないんですが、私の知ってる限り成功してないケースが多いですよね。
そもそも、オリジナルが大ヒットしている時点で比べられる事は必須でありハードルは無駄に高いのに、なぜそこまでして新しい事を作るのを放棄してリメイクにこだわるのか分かりません。
大人の事情なのかしら・・・。


あと、最近しみじみと思うのが台湾ドラマが面白くないなぁということ。
これは日本に来る台湾ドラマがそうなのか全体的にそうなのか分からないんですが、私が観始めた2010年(なんと既に7年も前なのね)頃はとっても面白かったのに。
そのころから別にリアルタイムで観ていたワケでなくたまたまBSとかで放送していたドラマと既に日本に来ていて評判のいいものを選び放題だったので、余計に面白かったのかもしれませんが。
それでも、台湾ドラマはわりとコンスタントに日本にやって来ていますが、最近はリタイアばかりです。
ここで軽く報告ですが、ホームドラマchで放送していた「アニキに恋して」は14話くらいでリタイアしました。
ん~、ホームドラマchの週1放送形態がかなりダルい上に休みも多いのもよくないんでしょうが、ドラマ的にも最初は面白かったんですが何だかあまりにあざといというかくどくてしつこくてあり得なくて・・・・。
最新の台湾ドラマをチェックしているブログなどもたまに見るんですが、なんだか今後も期待出来なさそうな予感が・・・。
もう、勢いのある俳優もスタッフも大陸ドラマに行ってしまったんでしょうかねぇ。

ということで、最近は本当に中国大陸ドラマが楽しみです。

c0357299_12015747.jpg
少し前に観たいドラマの記事を書きましたが、さっそく嬉しいニュースが!!!
「微微一笑很傾城」が3/15からホームドラマchでスタートです。
邦題は「シンデレラはオンライン中!」というまたまたヘンテコな感じですが(笑)
あ~、それにしてもさっきも散々愚痴りましたが、ホームドラマchは華流ドラマの日本初放送がすごく多くていいんですが、週1放送というスタイルをどうにかして欲しい。LaLaや銀河みたいに週5くらいでサクサク放送して、再放送を3~4回くらいやるほうが観やすいし乗り遅れた人も観れると思うんですけどね・・・。
本当にその点が残念です。
でも、「微微一笑很傾城」は「お昼12時のシンデレラ」「マイ・サンシャイン」が大好きだった私的に本当に観たいドラマだったので、やっと日本に来てくれて嬉しいです。


c0357299_12110807.jpg
あと、私が昨年末にドハマリした「太子妃狂想曲」が3月かそれくらいに(←大雑把)、LaLaで放送開始のはず。
最初の数話は無駄なお下品さに我慢ですが(汗)、色んな意味でスゴいドラマなのでオススメです。

c0357299_12111178.jpg
そして、多分「放棄我,抓緊我~STAY WITH ME 」もLaLaで放送するんじゃないかなぁと予想中。
だったらいいなぁ。
出来れば週5くらいの放送希望(笑)
華ドラの週1放送はダルいです。
私が週1放送で我慢出来るのは多分日本ドラマだけです。
その日本ドラマですが、1月スタートドラマはチョイチョイ1話だけ観ましたが、多分視聴するのは「カルテット」のみ。
この脚本家さんのドラマは全体的にそんなに得意ではありませんが、たまに「最高の離婚」のような大ヒットが来るんですが何となくこの「カルテット」もその予感。
あのエンディングが更にスゴイですよね。
松たか子さんは、以前劇団☆新感線の舞台で観て圧倒された女優さん。彼女に関しては血筋といえばそれまでだけど、テレビより舞台で惚れる俳優さん女優さんは別格です(そう言えば堺雅人氏も新感線で惚れたパターン)

どの国のドラマもそうなんですが、"無理だと思ったら即切る"というのが今年の目標です(←いつもの事だけど)
どうせ観るなら、ワクワクしてドキドキして楽しくてたまらないというドラマだけを観たいです。
ちなみに私生活での今年の目標は"無理をしない"なんですが、それを知人に言ったら"それは実現できそうな目標やな"と笑われました(^^;)

以上、どうでもいいような雑談でした。
普段はこんな感じの雑談はツイッターでボソボソ呟いているんですが、実は今日は自宅のリフォームのために業者さんが来られていて一人で和室に籠もっているので珍しく昼間からパソコン開いてこんな記事を更新しました~(息子&主人は外出中♪)

[PR]
by spring-mei | 2017-01-22 12:50 | ドラマ視聴つれづれ | Comments(0)

台湾・中国・韓国そして日本ドラマの気ままな感想綴り


by spring-mei
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31