日本ドラマ視聴状況

c0357299_01204026.jpg
いつの間にか5月ですね。
日々の慌ただしさとドラマ視聴にかまけてばかりで(笑)、すっかり前クールの日本ドラマのまとめも書かないまま春クールの日本ドラマも中盤ですよね。

以下簡単に日本ドラマの冬クールの感想と、春クールの視聴状況です。




もうビックリするくらい忘れてしまったんですが(笑)、冬クールで完走したのは「ちかえもん」「お義父さんと呼ばせて」「ナオミとカナコ」の3作品のみ。

「ちかえもん」は、本当に記憶に残るドラマでした。
全く毛色が違いますが、個人的には「勇者ヨシヒコ」を観たときと衝撃度が同じです。(あっ、そういえばヨシヒコ新作決定おめでとう~♪)
毎週毎週本当に楽しみで、珍しくリアルタイムで視聴したくらいです。
万吉の正体のくだり、真偽は分からないけど迂闊にも泣けそうになりました。
娯楽とはかくあるべきだと、脚本家さんの叫びが聞こえるような傑作だったと思います。
本当にいいドラマを楽しませてもらったと思います。

「お義父さんと呼ばせて」はもう今ではなぜだか砂清水の記憶しかありません。
そして「ナオミとカナコ」は李社長の記憶しかありません。


春クールで一番面白いのは「重版出来!」
漫画を始めとする本が好きな人なら絶対に楽しめるドラマですよね。
脚本が「空飛ぶ広報室」「図書館戦争」「掟上今日子の備忘録」などの野木亜紀子さん。
この脚本家さんのドラマって本当に優しい気持ちになれますよね。
「重版出来!」はキャストもとっても良くて、毎回色んな角度からストーリーが楽しめるし、ニコニコして少しだけ切なくなり、観終わった後にはパワーをもらえるような素敵なドラマだと思います。
自分が新入社員だった頃のキラキラしたやる気と柔らかい心を思い出させてくれるこのドラマ、これからも楽しみです。

あと「グッドパートナー」も3話まで観ましたが、もういいかな・・・とリタイア寸前です。
それ以外は深夜枠ですが、なぜか「火の粉」と「不機嫌な果実」を観ています(笑)


そして、朝ドラ。

c0357299_01391402.jpg
本当に今更ですが、「あさが来た」は毎日楽しく観ました。
先月のスピンオフも楽しかったです。
半年間ずっと玉木宏を堪能出来るってスゴイ朝ドラでしたよね~。
モデルの方は朝ドラ史上最高のセレブですが、適度に庶民的に描かれてはいたものの、主役二人のもともとの上品な雰囲気もあり朝からとっても明るく爽やかで麗しい(?)ドラマだったと思います。
しかし、実際新次郎みたいな夫って嫌ですよね(笑)
嫁ぎ先の家が裕福で義理の両親がいい人達で義弟が本当に出来た子だったからこそ、そして演じているのが玉木宏だったからこの夫は素敵な見えるけど(汗)
とにかく楽しい半年間でした。

そして、今期の朝ドラは1週間で挫折です。
もう毎年の事なんですが、AKの朝ドラはなぜか合わないんですよね。
そのかわりBSで再放送している「てるてる家族」を観ています。
このドラマが放送していた時は私は朝ドラはおろかほとんどドラマを観ていないのでもちろん初見なんですが、舞台がかなり地元なので笑えます。四姉妹の家と和ちゃんの家や五月山の距離感がすごくよく分かります。
このドラマ放送の頃は、色々と地元で盛り上がったらしいのでリアルで観たかったなぁと思いつつ毎日観てます。



そして、今年ずっと楽しくてたまらないのが大河ドラマ「真田丸」
c0357299_16303472.jpg


毎週日曜夜8時からの放送が待ちきれなくて、BSで夕方6時からの"早丸"を観て時間があれば8時からの"本丸"を観て、次の週まで2~3回くらいは観てしまうくらい大好きです。
現在18話まで放送されましたが、私の中では歴代NO.1大河ドラマです(現時点では)
やはり歴史ドラマって自分の国のドラマが一番楽しめると実感しました。
結局、歴史というものは後世語り継がれていくもので必ずしも真実とイコールではないんだと思うです。
だから史実と比べてどうこうというのはそもそもからして野暮な議論であり、あくまで自分たちが今までに日本人として生まれ生きてきて触れ合って各々が培ってきた歴史観やイメージという物があると思うんです。
作る方はそれを踏まえてそこから新しい感動を生み出し、受け取る方もそれぞれの下地がありつつ観る前提というのは歴史ドラマなら当然のこと。となるとやはり自国の歴史ドラマでしか最大限に面白さが分からないんだと思います。

と、何を言いたいのか分からなくなってきましたが、とにかく個人的に今年は「真田丸」を1年間も楽しめるので本当にそれだけで嬉しくてたまらない感じなんです。
一見明るく軽やかな作風ですが、私たちはみんなこの真田家や信繁がどうなるのか知ってる訳なんですよね。
だから本当に楽しいシーンでこそ胸の痛みを感じながら観ているのがたまらない感じで・・・。
お馴染みの歴史上の人物像を大きく壊すような描かれ方ではなく、でも決してありきたりなベタな描写でもなく、長く登場するキャラも一瞬しか出てこないキャラもそれぞれ見事なくらいのキャラ立ちが成功していて、本当に主人公と一緒に時代を駆け抜けて行っているような臨場感が素晴らしいんですよね。
は~、こんな大河ドラマを見逃す事がなくて本当に良かったと思っています。




c0357299_01250152.jpg
ところで、私の息子はいつの間にか2歳半になってしまいました。
写真は先月、桜を観に行ったのに全然違う花で楽しんでいる図です。←子供あるあるですね。
もう赤ちゃんではなく、完璧に幼児です。
先日は自分の8ヶ月くらいの頃の写真を見て"あっ、猿!"と大喜びで叫んでました(笑)
来春からは幼稚園生になってしまうので来年からはもっとドラマを観る時間も確保できるかもとヒドイ事を思いつつ、ここまで一緒にいれるのは一生の内で今だけだと思うと少しだけ切なくなってしまいます。
余所の子の成長は早いというけど、自分の子の成長も本当に早いですね(^^;)




[PR]
Commented by どんぐりσ at 2016-05-16 21:57 x
meiさん こんばんは~♪
ボクちゃんが大きくなっていて、目をぱちくりさせてしまいました(笑)。
もう2歳半なんですね~。
時の流れの早いこと。

写真から元気でかわゆい様子がうかがえて、おばも(←誰やねんw)嬉しいです♪

と、ドラマの話がそっちのけになりましたが、「重版出来!」面白いですね。これは3ヶ月と言わず、もっと放送して欲しい感じです。^^
「真田丸」も三谷脚本に時々ニヤリとしながら、堪能しています。まだ先ですが、どんな感動の最終回が待っているのか、敢えて期待したいなと。攻めの視聴ができるドラマですよね!
Commented by spring-mei at 2016-05-22 01:15
> どんぐりσさん
こんばんは~(^^)/
本当にあっという間に大きくなってしまいました♪
元気すぎて戸惑うくらいですが(笑)、まぁ男の子だからいいかな・・と思っています(^^;)

「重版出来!」は本当に面白いですよね。毎週放送が楽しみでたまりません。
確かに3ヶ月で終わってしまうのが惜しいですよね。
キャストもスタッフも協力されている多くの漫画家さんたちもみんながこのドラマを愛している感じが画面から伝わってきますよね~。

「真田丸」はまさに私たちの攻めの姿勢に応えてくれるドラマですよね。
毎週ほっこりしたりクスッとするのに、ゾクゾクさせられ、いずれ来る最後の時を楽しみに1年間ドップリと浸れる事が嬉しくてたまりません。
残り半年ちょっと楽しみましょうね~♪
by spring-mei | 2016-05-13 07:05 | ドラマ視聴つれづれ | Comments(2)

台湾・中国・韓国そして日本ドラマの気ままな感想綴り


by spring-mei
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31